歌舞伎座、
芸術祭十月大歌舞伎、夜の部の
千秋楽に行って来ました。

今回は、高校時代の友達3人での観劇です。
玉三郎さんを観たいという友達のリクエストで、毎月必ず観劇する友達が3人分のチケットを取ってくれました。
演目は、

一、沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)


二、漢人韓文手管始 唐人話(かんじんかんもんてくだのはじまり とうじんばなし)

三、秋の色種(あきのいろくさ)


どれも、観たことのない演目でしたが、芝翫、玉三郎、七之助、それぞれを堪能しました。

それにしても、久しぶりに観る玉三郎さんはとても素敵でした。

優雅な踊りが、美しくて凛としていて素晴らしく、3人とも幸せな時間でした。







.