2016年04月



今年もバジルの苗を買ってきました、と言ってもきちんと植えるわけでは無く、キッチンの窓際に置いておきます。

たくさんバジルを使う時はお店で買ってきますが、ほんの少し欲しい時にキッチンのバジルはとっても便利です。

これからの季節、トマトにオリーブオイルと美味しいお塩をパラパラ、これにフレッシュバジルがあれば素敵な一品です。

ハーブを使うと、ちょっとお外の味になるのがうれしいです。
いろいろなハーブを取り入れて、お料理の幅を広げたいですね。




春らしい、穏やかな晴天に恵まれた日に、久しぶりに人形町に行ってきました。



用事をすませたら、ちょうどランチタイム、美味しいお野菜が人気のユニオンサンドヤードでランチをいただきました。

最初にスムージーが出てきて、これがフルーティで美味しく、たっぷりのお野菜とお肉の一品も、お野菜の味がしっかりしていて、大満足のランチタイムでした。





せっかく近くまできているからと、4月8日に新社殿になった水天宮に寄ってお参りしてきました。

新社殿は都会的な雰囲気で、すっかり綺麗になっていました、この日もたくさんの人が参拝にいらしてました。

この日は人形町、水天宮、馬喰町、小伝馬町と、最近人気のお店や伝統あるお店と、ブラブラと歩きながらの楽しい散策日和の1日でした。


最近はいろいろなデパートで、各地のパン屋さんが集まっての催事が開かれたりと、パン人気が広がっていますね。

毎日、パンを食べない日は無いほどのパン好きですが、最近、私が食べたなかで、お気に入りのパンは、黒豆のパンです。

丹波の小粒の黒豆がぎっしりと入っています。
水分量が多くもっちりしているので、パンですが和菓子のような感じもするので、漆器のお皿にしてみました。

いつか、この黒豆のようなパンも焼いてみたいです。




『北海道の小麦でパンを焼こう』 森本まどか先生の出版記念講習会に行ってきました。

パンは、バケット、カンパーニュ、シナモンロール、フォカッチャ、チョコレートとのリュスティックです。





さすが、家庭製パンの第一人者の森本先生、どれも、手ごねから本当に丁寧にわかりやすく教えてくださいました。



ランチタイムには、茂木先生の美味しいお料理とパンをいただきました。





今回のパン、北海道の小麦粉と、とかち野酵母が使われていて、酵母のおこし方なども丁寧に教えていただきました。
新しい酵母、使ってみたくなりました。

またひとつパンの世界が広がりました、楽しかった!



お友達から、チーズの会のお誘いがあり、恒例になりつつあるチーズの会へ。桜の時期に合わせて、今回もフランスから彼女のお友達がチーズを持って来てくれました。


今回のチーズは、6種類。
モンドール
ポン・レヴェック
マロワーク
ブリーの間にトリフがはさまったもの。
コルシカ島の黒山羊のブロビー
エポワス


彼女のお料理とみんなの持ち寄りやデザートもたくさんあり、楽しくて贅沢な会になりました。





初めて食べた黒山羊のチーズも、クセになる美味しさでした。

ここ数年、チーズの美味しさに目覚めたので、本場の美味しさを味わえ最高に幸せな時でした。






メンバーは10人、初めましての人もいましたが、美味しいものと楽しいことが好きな人ばかりで、友達のつながりがまた増えてうれしいです。


↑このページのトップヘ