SH3I01190001.jpg SH3I011300020001.jpg

新橋演舞場にて上演中の、「二月 喜劇 名作公演」、名作喜劇の3本立てを観て、大いに笑ってきました。 一、お種と仙太郎 二、大当り高津の富くじ −江戸育ち亀屋伊之助− 三、おやじの女 昭和の時代だからこその人間模様に、客席のあちらこちらから大きな笑い声があがっていました。 水谷八重子さん、波乃久里子さんのお二人の掛け合いがさすがです、本来なら暗くなりそうな会話も面白おかしく、思わず声を出して笑ってしまいます。 帰り道、運良く新しい歌舞伎座の外観ライトアップが見られました。 世界で活躍する照明デザイナーの石井幹子氏と、石井リーサ明理氏、親子のコラボレーションで2月15日(金)〜22日(金)の18時〜21時に、ライトアップされる春秋の宵パターンだそうです、とても素敵でみなさん足を止めて写真を撮っていました。 いろいろなパターンがあるそうなので、他のものも見てみたいです。